preloder
Nemgraph

Nemgraph Help

これから始めるかたへ

NemgraphはNEMコミュニティの声から作られた 暗号通貨 NEMを使用した写真投稿型コミュニケーションサービスです。日常の一コマを撮影し、NEMのブロックチェーンにその瞬間を刻みましょう。また、Nemgraphでは感性を刺激された投稿に対して、投げNEMという名の寄付で共感の気持ちを伝えることができます。 あなたの投稿・共感はNEMブロックチェーンに刻まれ、いつまでもその存在を証明し続けます。Nemgraphによって、NEMを中心として人が集まり、NEMを中心としたマーケットが今始まります。

Nemgraphを始めることに暗号通貨の知識は必要ありません。アカウントを作成する作業はすぐに終了します。

新規アカウント登録画面より、Nemgraphのアカウントを作成してみましょう。アカウントの登録にはメールアドレス、任意のユーザー名(ハンドルネーム)、パスワードが必要となりますので事前に準備しておきましょう。

Nemgraphには、感情を揺さぶられた投稿に対して暗号通貨のNEMをチップとして送ることができる「投げNEM」というアイデアがあります。まず、Nemgraphの新規登録では暗号通貨NEMを入れるお財布を作成していきましょう。

手順はとても簡単です。画面の案内に従って出力される『ウォレットアドレス』と『プライベートキー』をしっかりと保存しましょう。

● ウォレットアドレス とは?
40文字で定義される文字列です。銀行の口座番号のようなものをイメージしてください

● プライベートキー とは?
秘密鍵とも言われるこの文字列は銀行口座の暗証番号に相当します。この文字列を使用してNEMを送金することができます。言い換えれば、この『プライベートキー』さえあれば、あなた以外の誰でも、そのウォレットへアクセスできる権利をもってしまうでしょう。『プライベートキー』はあなた自身で厳重に非公開管理し、紛失にご注意ください。また、こちらの『プライベートキー』秘密鍵と呼ばれる文字列は、今後RacconWalletなどの外部ウォレットとの同期や、ウォレットを紛失した際などに復活させるために使用するとても大事なキーです。

上記ウォレットを含む各データは暗号通貨NEMのシステム上で発行されるデータですので、Nemgraphでの再発行ができません。くれぐれもデータを紛失しないように充分ご注意ください。

プライベートキーを文字列のまま運用するのは少し不便です。また暗証番号であるプライベートキーをインターネット上でそのまま使用することもきっと抵抗がありますよね?

nemgraphではNEM送金(投げNEM)時のプライベートキーの代わりに「QRキー」を使用します。このQRキーはユーザー情報や利用環境などの情報で暗号化したプライベートキーを保存したQRコードです。 基本的にQRキーは作成した端末でしか使えませんので、複数の端末でnemgraphをご利用の際は各端末でQRキーを作って頂く必要があります。また利用環境が変わった際(OSやブラウザのバージョンアップ)はQRキーの更新が必要となりますので、ご注意下さい。 QRキーはサイドメニューの「QRキー作成」から発行することができます。

【重要】QRキーはプライベートキーの情報を持ったQRコードです。第三者に渡したりインターネット上に公開しないでください。QRキーは各ユーザーごとに異なる暗号が発行されますので、ファイルが盗まれても直ちにウォレット内のnemが盗まれることはありませんが、厳重に管理してください。

上記の「NEMウォレットを作成する」で発行したプライベートキーを使用し、様々なサードパーティーの暗号通貨ウォレットと同期させることが可能です。暗号通貨NEMは、Nemgraph内だけで使用できる通貨ではございません。NEMを使用してインターネット上で買い物もできますし、日本全国にも暗号通貨NEMで決済のできるお店が徐々に増えております。Nemgraphで獲得したNEMを取引所に送ることによって、日本円に換金することも可能です。

その際、必要となるのが外部サービスの各種「NEMウォレット」となるでしょう。NEMを管理できるウォレットはいくつかありますが、ここでは日本人には馴染みやすい「RaccoonWallet」を推奨しております。RaccoonWalletの詳細な使用方法などは、公式サイトをご覧になってください。

RaccoonWallet 公式

Nemgraphの使い方

さっそくNemgraphに写真を投稿してみましょう。

投稿するのはとても簡単です。下図の右下部にあるロゴアイコンをクリックするとグローバルサークルメニューが展開されます。メニュー内のカメラアイコンをタップして、写真投稿用のウィンドウを表示させましょう。

写真の選択から、Nemgraphへ投稿したい写真を選んでください。Nemgraph上では写真の加工処理などができないので、写真に加工などの処理を施したい場合はデバイスの加工アプリなどを使用してから投稿してください。(現在2019.08では加工処理は不可ですが、いずれNemgraph上でのオリジナル加工が可能となるかもしれませんね!)

写真を選んだら、ライセンスCC0の登録(使用権許可、写真の販売)、RiNG認証、URL、投稿コメントなどを設定して投稿してみよう。各選択項目の詳細な説明は下記を参考にしてください。

NEMでチップを送る(投げNEMをする)こともすごく簡単です。

タイムライン投稿写真下など様々な場所に表示されている、上記の投げNEMアイコンをタップすると投げNEM用のポップアップが表示されます。スライダーで投げNEM額を決定し、感動の価値を投稿に付与しましょう。

※ 投げNEMの手数料:本サイトを通じて投げnemする場合は以下の手数料が発生いたします。 手数料はユーザーが決定した投げnem額の中に含まれます。

※ nemシステムの送金手数料:0.1xem (誰かのハーベストに!)
※ nemlogシステム利用料:投げnem額の5%(最低0.05xem)

 

投げNEMによるコミュニケーション文化をつくろう。

誰かが投稿した写真に感情を揺さぶられたら、投げNEMで思いを伝えよう!Nemgraphでは人と人との繋がりを大事に、感情を表現できる場所をたくさん考えた作り方がされています。

日本は”チップ”という文化がないため 寄付する行為に対して奥手な印象ですが、 Nemgraphが目指すものは「よいもの」や「感動」に対して、気持ちをキチンと伝えられる文化を目指しています。 感情が揺さぶられた写真があったら投げNEMにてその感動を伝えてみましょう。その時の気持ちを大事に、素敵なコミュニケーションを行っていきましょう。

Nemgraphでは、投稿に対してのコメントにも投げNEMができます。「嬉しいことを言ってくれるじゃないか!」と思ったコメントには気持ちを伝えましょう。コメントでも心を揺さぶられる瞬間がきっとあるはず!

Nemgraphでは、投稿写真に使用許可(クリエイティブコモンズライセンスの「CC0」)を付与することが可能です。使用許可された投稿写真は全てがCC0のライセンスとなり、自由な利用や加工を許可する事となります。詳しくは当ヘルプ内の「投稿した写真を販売してみよう」の項目をご覧ください。

使用許可された画像には上記のCCマークが表示されます。

Nemgraphでは投稿した写真を、使用料を支払ったユーザーに対して画像の利用を許可する仕組みがあります。その際のクリエイティブコモンズライセンスは「CC0」となり、基本的には購入者が投稿者の許可なく、自由に加工や利用ができるライセンスとなります。

投稿者(撮影者)の名前などを表記する必要もありません。商用利用も可能な、自由度の高いライセンスとなります。

逆に、投稿者(撮影者)は、上記のライセンスを十分に把握していなければいけません。Nemgraphでの写真販売はマイクロストック形式にあたりますので、購入者に独占件が与えられる訳ではございませんが、ライセンス的にはCC0ライセンスとなるため、投稿写真を販売する際には十分に留意しましょう。

※ Nemgraphで使用権販売を設定した投稿画像はオリジナルサイズで保管されるため、サーバー保管料として5xemが必要となります。(RiNG登録費込)

※ 販売はユーザーからの投げNEMで行われます。販売時価格の5%を販売手数料として頂戴しております。

また、ライセンスの詳しい情報に関しましては、下記CCJ公式ページをご覧ください。

CCJ 公式

販売されているCC0の写真を購入し利用してみましょう。Nemgraph内で購入した写真は、Webでのデザインや紙面媒体での広告などの商用利用も、写真そのものに加工を施して使用することも自由です。

投稿ウィンドウにて、上記のカートマークが表示されている投稿写真は販売中の証しです。カートマークをクリックすると、商品単価が表示されますので、購入をご検討してみてはいかがでしょうか。他では見つからない、NEM支払いならではのお宝画像が見つかるかもしれませんね!

投稿ウィンドウを開くと、上記のカートマークがダウンロードマークへと変更されますので、写真をダウンロードして自由に利用してみましょう。また、一度購入した画像はプロフィール編集ページのタブ『使用権獲得』に一覧表示されます。

Nemgraph内で使用できる通貨はNEM(XEM)のみです。販売写真の購入にもNEM(XEM)が必要です。

RiNGとは「Registration in NemGraph」のアクロニムスです。

RiNGを使用してNEMブロックチェーンに刻むことで、自身の写真であることを証明できる画期的な機能です。投稿者はもちろん、投稿した画像や内容、投稿日時までもがNEMチェーンに刻まれ、永遠に記録されます。(暗号通貨NEM(XEM)をご存じの方は「簡易的な独自アポスティーユ」と思って頂いて差し支えないです。)

RiNGを行った投稿は、フォロー、フォロワーに関係なく、Nemgraph内全員のタイムラインへと投稿されます。

また、Nemgraph内の機能で、原画を監査機能にかけるとNEMチェーンに登録されたものかの判別ができます。RiNGでの証明はNEMチェーンを使用しているため、改ざんなどの可能性が極めて少なく、投稿の正当性を示すものになります。また、RiNGには手数料5xemが必要です。

nemlogなどの姉妹サイトと連携することが可能となる予定です。詳細は時がきたら追ってご案内いたします。

よくある質問

はい、NEMを所持していなくてもNemgraphは利用できます。

NemgraphやNemlog はNEMのブロックチェーンを利用して作成された、投げNEM(チップ)機能つきのソーシャルコミュニケーションサービスです。NEM(XEM)を保有しいるいないに関わらず、どなたでも自由にご登録いただけますし、全てのサービスを楽しむことが可能です。

登録後は、写真を投稿することにより、あなたの写真に心を揺れ動かされたユーザーから投げNEMがくることでしょう。ある程度のNEMがたまってきたら、あなたも是非投げNEMをおこなってみてください。

Nemgraphは、投げNEMによる感動を伝えるコミュニケーション文化を大事にしています。

初期に秘密鍵(プライベートキー)をメモしておらず、キーファイルも作成できていない場合は運営による復元はできません。(アカウントの保護のため秘密鍵を運営側は取得していないため)

キーファイル作成後であれば投げNEMは出来るので、Nemgraph内で楽しむことはできますし、自分のウォレットに移したい場合は新規アカウント作成の上、その新しい自分のアカウントへ全額投げNEMすることにより投げNEMを救出できます。

nemgraphではセキュリティの観点からプライベートキーを管理しておらず、再発行も出来ません。一度Nemgraphからログアウトし、新規登録から新しいユーザーを登録し直してください。なお、Nemgraphの仕組み上、投げNEM等で貰ったNEM(XEM)は新しいユーザーには引き継げません。

※特殊なケースとして、プライベートキーは紛失してしまって分からなくなってしまったけど、Nemgraphでキーファイルが正しく作られている(投げNEMが出来る)場合のみ、古いユーザーから新しいユーザーに投げNEMすることでNEM(XEM)を移す事が出来ます。

ウォレットの復元などの詳細は分かりにくい部分もあるため、運営まで直接ご相談ください。

メモしておいたプライベートキーを使用し、メニュー内にある「キーファイル再発行」から再発行が可能です。

現在準備中です。開発の進捗は追ってご報告いたします。

NEMは暗号通貨のプロジェクトです。実際に取引所などで売買されているNEMとはXEMと呼ばれる通貨(モザイク)ですが、NEM≒XEMと認識しておいても間違いではありません。一般的に、NEMと呼ばれる暗号通貨プロジェクトの通貨単位はXEMとされています。

詳細なNEMに関する情報は「クリプトストリーム」の内容が分かりやすく正確です。暗号通貨NEMにおいての詳しい解説が多記事にわたって解説されておりますので、是非ご覧ください。

暗号通貨のNEMとは

現在準備中です。

探していたヘルプは見つかりましたか?もし、上記で見つからないご質問などがありましたら、お気軽にチームメンバーまでお問い合わせください。

Nemgraph